81 yaichi
ARTIST&STUDIO
rss atom

GALLERY81 SCANDINAVIAがおススメする本

「Scandinavian Design」
(小サイズ/廉価版)
Charlotte & Peter Fiell / Taschen

本当は初版の大型本を紹介したいのですが、基本絶版なのがとても残念(内容が若干簡略化してあります)。北欧デザインとはなんぞや、という根源的な部分に触れるにはまずこの本ありきという感じです。ギャラリーで北欧品を扱うきっかけになった重要な本ですので、北欧やデザインが好きな方もそうでない方にも、幅広く触れて頂きたい本です。

「1000 Chairs」
Charlotte & Peter Fiell / Taschen

現在は装丁が変わっておりますが、このパントンの方が好きなので敢えてこちらをご紹介。当ギャラリーでも過去イギリス家具を扱っていたこともあるのですが、今思えば英国ウィンザーチェアとウェグナーを繋ぐ線も、この本だったように思います。「椅子」はある種、家具全般を構造的に見通す上でのミニマリズムであることもあり、作品毎の歴史や国別の背景を踏まえた、人間と椅子の激しい戦い?を窺い知ることができます。日本語版も有り。

「Den Store danske MOBELGUIDE」
Per H. Hansen, Klaus Petersen / Aschehoug

デンマークが世界に誇る名作家具たち357点を一同に会した1冊。全編、白抜きの格調高いレイアウトにまとめられ、家具もまたアートピースであることをしっかり伝えます。各作家の顔写真入りバイオグラフィなど、デンマーク語による記述が残念ですが(そこは翻訳で回避)、ほぼ写真で占めているので問題なし。また、巻末のバックスタンプガイドがとても重宝します。

「北欧インテリア ―世代を超えて愛される Scandinavian Modern」
別冊家庭画報 特選HOME IDEAS / 世界文化社

家庭画報らしい、初心者にもとてもやさしいメジャーな切り口で、「北欧といえば」的アイコンをあしらった国内外の日常/非日常の景色を、ほぼデンマーク家具中心に紹介しております。国内のショップも情報もあり、これを片手にお近く、または全国行脚をするのも楽しいのではないでしょうか。

「美しい椅子―北欧4人の名匠のデザイン」
(文庫本)島崎信 / エイ文庫

ウェグナー、ヤコブセン、モーエンセン、ユール。デンマークの巨匠4人に絞込み、人物から歴史、作品解説に至るまでを170ページに明確に記載。4人とも突然の成功者ではなく、また名作と呼ばれる椅子たちは偶然も必然もありながら生まれたという事実が要点よく各人の項に書き出され、高い視認性のレイアウトにまとめ上げられております。「経験・個性・蓄積」の3つの要素で練り上げられていることを咀嚼しつつ、じっくりとそれらの名作に腰掛けてみたいものです。

「DANISH PEPPER JENS QUISTGAARD'S TEAK PEPPER MILLS」
Mark Perlson / www.danishpepper.com

"デザインをする人は、扱う素材について知れば知るほど、自分に何が出来るかを理解するだろう"― Dansk社を立ち上げ、世界中の今様プロダクトデザインの、ある種の礎を築いたといっても過言ではないデーニッシュデザイナー Jens Harald Quistgaard。数多の優れた作品を遺した彼の軌跡をペッパーミルという非常にミニマルな造形で拝見できる貴重な1冊。親日家であったこともあり、ある意味我々の琴線に最も触れる北欧作家の1人と言えるでしょう。

「Tusenkonstnaren Stig Lindberg」
(ハードカバー/廉価版)
Gisela Eronn / Prisma bok

スウェーデン・モダンデザインの巨匠、スティグ・リンドベリの生涯に渡る全てを網羅した著作。[Studiohand]と呼ばれる独特のシグネチャーを配したハンドペイント作品から数々のアートやラフ、後年のプロダクツに至るまで、氏の軌跡をじっくりとたどることが出来ます。現地でも個展でしかお目にかかれない状況を大量の写真で閲覧できる、まさにスウェーデン〜北欧の器ファン必携の1冊です。(→日本語版あり)

「真贋」
(ハードカバー)小林秀雄 / 世界文化社

美しいものに出会い、愛で、蒐集し葛藤する ― タイトル「真贋」にはじまり、人間が触れ得るあらゆる"美"について評された、広大で膨大な知識の引用から鋭く転化された語彙の数々。しかしながら、かつて受験生泣かせと言われた難解な文章の構築をひもとこうと思わず、直感的なところでピントを合わせると、意外と素直に読めるものです。(学術的な見解は畑違いということで)単行本もありますが、こちらは巻頭の写真で氏の美意識の一部を画で伺うことも出来ます。

「鎌倉文士骨董奇譚」
(文庫) 青山二郎 / 講談社文芸文庫

「骨董は狐つき」― 収集が蒐集であることがまかり通った、古きよき時代の奇跡の譚。当時の時勢時流と、彼の交友関係を知らないとなじみ難い項もありますが、審美に対しての項はその単純で根本的な、ものを愛でる事のわがままさを痛快に書き綴ってあります。好きなものが何故好きなのか、その美の基準がどこにあるのか。「人それぞれ」では済まされない部分を覗いてみたい方は是非ご一読下さい。

「白洲正子の世界」
白洲正子 / 平凡社

わがままなお嬢様体が文化芸能に深く傾倒し、円満にしていく様を、彼女が愛したものを通じてその素行と考えに触れる1冊。近年ドラマ化されておりますが、脚色ではなく本当にそのような人生であった、としか言い様の無い怒涛の背景と人柄が伺えます。純粋無垢で宇宙のように限りない美の世界が、彼女の目と耳で切り取られ、もの(蒐集品)や言葉(文章)に具現化される様に、思わず唸ってしまいます。

「民藝とは何か」
(文庫)柳宗悦 / 講談社学術文庫

哲学者、という一般人にとって縁の遠そうな氏の肩書きからすれば、この本は大変無邪気で純粋にタイトルについて語られております。特権が精緻で豪著な美術品に盲目的な価(あたい)を付けて楽しんでいた時代、民衆から生まれた美が如何に優れているかを執拗に訴え続けた氏の功績は計り知れず。しかし結果、よく出来たものはそれ相応に高価に、あるいは今日民芸品という在りあふれるもののいずれかに帰結している昨今から鑑みると、皮肉な1冊ともいえます。

「ほんものの日本人」
清野 由美 / 日経BP社

熊谷守一から白洲正子まで。登場する16人全て、ストイックであることが(各人の意図/意識は別として)生業の人々をただただストレートに伝える本。所感や補足的駄文は一切無く、むしろ、彼/彼女たちからここまで言葉を取り出し、姿を撮れ得たという事実に驚愕します。次元の隔絶した世界から拝ませてもらう人、我々に近い並列で与えてくれる人。ほんものとな何なのか、何を意味するのか。それは読んでお確かめ下さい。

「「ほんもの」のアンティーク家具」
(文庫) 塩見和彦 / 新潮社

八王子にある西洋アンティークショップ「ガスリーズ・ハウス」オーナー著。まず、意図的かどうかは別として、読む人を思いっきり差別ではなく区別している部分 ― 販売手と顧客の温度差を克明に書き過ぎてしまっている点など、かなりクセはあります。そこが受け入れられれば、古い家具を求めて英国内を東奔西走する紀行としての楽しさや、手に入れた歴史あるものとと向かい合う真摯な姿勢と知識の深さなど、読みどころいっぱいの一冊となるでしょう。

「普通の住宅、普通の別荘」
中村好文 / TOTO出版

建築家 中村好文氏の手がけた7つの住宅の紹介。[Enkel]― 「普通でちょうどいい」というニュアンスにピッタリなスウェーデン語を探す、という前書きに始まり、氏のあたたかい作風を、やわらかな写真から紙質にいたるまで、まるで癒されるかのように手に取れる豊かな本です。日本から北欧を想うかのようなたたずまいは、不思議とノスタルジックで普遍的な様式と風景を感じさせてくれます。

「民芸 (あたらしい教科書 11)」
濱田琢司 / プチグラパブリッシング

「民芸(品)」とは昭和の造語であったという事実。では私たちが普通に親しんでいる民芸と民藝の違いが何であるのかということを、教科書のコンセプト通り中学生でもわかるような懇切丁寧さで(くどくなく)順次解説していってくれます。後半時折挟まれるダイジェスト的項がさらに復習しやすく、また各国民芸品や今様プロダクツのセレクトで繋げていく点など、勉強も活用もきっちり兼ね備えた1冊です。

「北欧 (あたらしい教科書 12)」
プチグラパブリッシング

イッタラにヤコブセン、キシリトールガムやノルウェーサーモン。オーロラから高福祉に至るまで、「北欧って何?」という、極めて一般的で素朴な疑問に、簡潔かつ丁寧にほぼ全て答えてくれるまさに教科書。あいまいなイメージをきっちりキーワードに転化し、興味の裾野を広げる優れた編集ぶりはこのシリーズならではです。個人的な意見で恐縮ですが、音楽の項だけはちょっとヘン。しかしそれもまた、特化したことは自分で探求すればよいということなのです。

配送無料
メンバー登録・ログイン
jens h quistgaard
gunnar nylund
hertha bengtsson
nils thorsson
 eric hoglund
palshus
berndt_friberg
オススメ本
解説辞典
yaichi_facebook yaichi_instagram